長く使えるいいものを

長く使えるいいものを

ファッションの基本で変えたくないのは、長く使えるいいものを買うという気持ちです。

 

流行ものは高くていいものを買っても流行が終われば着れなくなってしまうので、お手ごろなものを選ぶことがありますが、やっぱり着心地が違うなぁといつも思います。

 

いいものであればあるほど、袖を通したときに身体がわかる気がします。もちろん色々な洋服があって、安いものだから悪いというわけではありません。それが自分にとって最高に幸せになれるアイテムであればそれでいいのではないでしょうか。

 

私はいいものをと追求したらやっぱり少し値が張るものにはなってしまったのですが、デニムでも既に5年ほど履いていて、結構色落ちをしていますが、それが逆にいい味を出してくれています。

 

長く履けばそれほど愛着がわいてきます。いいものは長く使いたいと思うのは当然ですね。この心がエコライフですね。